広島県東部(福山市)を中心に、斫り(はつり)、解体業、ブラスト処理をしています、株式会社吉岡システムです。

はつり・解体業 株式会社吉岡組 タイトルイメージ
””
YO!吉岡システムとは
はつりの見積りについて
低騒音・防塵解体
消音ブレーカー
YO!オリジナル工具
フレコンキーパー
木造家屋解体
ブラスト処理
設備・オリジナル工具
ノミ専用鍛冶屋さん
よくある質問
新着情報部分が表示されないときは下記より最新のフラッシュプレイヤーをダウンロードして下さい
フラッシュプレイヤーをダウンロードします

吉岡システム 木造家屋解体

""
□■□木造家屋解体□■□
* 木造家屋を解体する場合、0.25m³クラス(本体重量6〜7t)の重機を使用しての解体が一般的です。

この場合、本体の全幅が約2mであるため、それ以上の通路が必要です。家に入る道が狭い、入口の塀を壊したくない、隣の家との距離が近い、などの理由で重機が入れない場合があります。

また、重機が入れないということは、4tダンプも入れないということになります。

このような狭所での解体作業は、手間が大幅に掛かるため通常の解体単価の3割増し〜2倍になります。

当社は木造解体専用機を所有していますので、狭所割増は1〜3割程度です。
(運搬に4t車が使えないため)
吉岡システム 解体比較
* この解体機はキャタの幅を縮めたときには1550mm、拡げたときには1980mmになります。つまり、キャタの幅を縮めれば、軽トラが入るスペースがあれば、この解体機は入っていけるということです。
アタッチメントの到達距離は8mであり、油圧の旋回フォークであるため、縦でも横でもどの方向でもつかむことが出来ます。そのため、狭い場所でも自分の手で掴むような感覚で作業でき、作業能率がよく、産廃の分別も効率よく出来ます。
また、解体のみならず、大型の重機では入れなかったところに入れるため、様々なところで作業の効率化を図ることが出来る優れものです。
当然、通常の解体においても、積込・分別が通常の解体機と比較して格段に速いため、0.25m³クラスと同等の働きをします。
  吉岡システム キャタピラの全幅最小から最大値
* 家を解体しようと思われている方は是非、見積もりを依頼してください。
* 庭の樹木や石も、造園屋さんを別に頼むより安く上がると思いますので、まずはお気軽に連絡をしてください。
  見積費用は無料です。

まずは、お気軽に問い合わせてください。

TEL 084-972-2109
FAX 084-972-5996
吉岡システム 木造家屋解体
""
Copyright (C) 2007 Yoshioka_Gumi. All Rights Reserved.